あなたはこんなことに悩んでいませんか?

 

弊社は手数料の安さと細かなサービスで経営課題を解決します。

手数料は通常高額なところで最低2,000万円、業界水準では1,000万円といわれています。

この金額の手数料を支払うとなると、手数料が2,000万円なら売却金額が2,000万円、

手数料が1,000万円なら、売却金額が1,000万円で社長自身の支払いを支出を抑えたいと思います。

このように手数料がネックになり会社の後継者の選択肢として第三者への売却がそもそも存在しないことが多くなっています。

また購入する側にも同様のネックがあります。

会社を購入する際にやはり手数料が必要になります。

購入するときと同様に、会社の購入金額+手数料が必要になり、「会社を買う」という選択肢がないのです。

しかし私は非常にもったいないと感じております。

なぜなら私自身が買うことも、売ることも体験しているからです。

業界の手数料がネックになって本当に必要な人にM&Aのサービスが届いていない。

もっとM&Aを使える会社が増えると日本はもっとよくなる、そういう思いで

業界平均よりも手数料を下げ、サービスを提供していきます。

 

【弊社実績】石川県加賀山中温泉旅館の再生

弊社シナジーコンサルティング株式会社は山中温泉の旧百峰閣を購入し、改装を行い2017年9月にみずほリゾート加賀山中としてオープンしました。

北國新聞社が弊社の取り組みを取り上げていただきました。

2017年5月17日 北國新聞
異業種主導で宿再生
金沢の不動産業 7月に改装開業

山中温泉・旧百峰閣
加賀山中温泉で廃業した旅館や既存のホテルを改装し、開業する動きが出ている。金沢市の不動産賃貸業者は2012年に事業停止した旧百峰閣を改修し、7月に開業する。加賀市内では今年に入り地元の飲食業者が旧キャッスルバーデン山乃湯(山留花)を2月に改装オープンさせた。2022年度末の北陸新幹線敦賀延伸で南加賀の温泉地では宿泊需要の増加が見込まれており、異業種主導の宿再生は今後も続く可能性がある。

山中温泉泉菅谷町にある旧百峰閣の建物の改装を進めているのは、不動産賃貸業などを手掛ける「シナジーコンサルティング」(金沢市)。7月20日に「みずほリゾート加賀山中」としてオープンする。

軽300人収容の全65室を畳部屋から木目調のフローリングに貼り替えるほか、3階を女性専用フロアとし、大浴場には岩盤浴やエステコーナーを設ける。

旧百峰閣は12年7月に事業停止した。シナジーコンサルティングは昨年8月、土地と建物の所有会社オンリーエー(東京)を子会社化しており、開業後の宿泊施設の管理は瑞穂商事(島根県邑南町)に委託する。

今後は周辺に社員寮を整備する予定で、シナジーコンサルティングの河上伸之輔代表取締役は「敦賀延伸に向けて山中温泉を活気づけたい」と強調した。

旧百峰閣から約500メートル離れた場所にある旧キャッスルバーデン山乃湯(山留花)は飲食業などを手掛ける「月のうさぎの里」(加賀市)が運営主体となり、2月にホテル「うさぎのお宿 月物語」として開業した。

営業を行いながらも現在も建物の改装を進めており、今後は敷地内の庭園にウサギと触れ合えるスペースを設ける。小西孝明副支配人は「外国人客の取り込みも目指したい」と話した。

加賀市によると、昨年に山代、片山津、山中の各温泉に訪れた観光入込客数(宿泊と日帰りの合算)は前年比0.3%減の199万1763人となった。市内の旅館業界関係者は相次ぐ異業種の参入について「投資が活発化し、温泉地全体の賑わい創出に繋がって欲しい」と期待を込めた。

 

【弊社実績】金融機関・税理士法人との業務提携により地元中小企業の事業承継支援をサポート

2017年9月14日に、弊社シナジーコンサルティングは地域の事業承継支援を強化するべく、鶴来信用金庫とはくさんパートナーズと3社間での協定を結びました。この協定により後継者不足に悩む中小企業経営者の承継支援をより強化して参ります。

2017年9月15日 北國新聞
鶴来信用金庫2社と提携 事業承継、M&Aで鶴来信用金庫は14日、はくさんパートナーズ(白山市)、シナジーコンサルティング(金沢市)と企業の合併・買収(M&A)仲介業務に関して提携した。事業承継やM&Aのノウハウを持つ2社と連携し、取引先を支援する。
鶴来信用金庫は2012、同じ目的で信金キャピタル(東京)、日本M&Aセンター(同)とも業務協定を結んだが、この2社は扱う案件が大きく、規模の小さな取引先のニーズをカバーできていなかった。

2017年9月15日 日経新聞
事業承継で2社と連携 鶴来信金
石川県中南部が地盤の鶴来信用金庫は14日、事業承継のはくさんパートナーズ(白山市)、M&A(合併・買収)仲介のシナジーコンサルティング(金沢市)の2社と連携すると発表した。
後継者不足に直面する取引先を両社に紹介し、マッチングを通じてM&Aや資本・業務提携を後押しする。
両社が金融機関と連携するのは初めて。大手の仲介会社が手掛けにくい小規模なM&A案件を掘り起こし、事業承継が実現した場合の手数料も低めに抑えてサービスの使い勝手を高める。
鶴来信用金庫は白山市や金沢市を中心に17店舗を展開する。
地域の中小経営者の高齢化が進む中、円滑な事業承継を促す。優れた技術を持つ企業の廃業を防ぎ、取引先の確保につなげる。

 

2017年9月21日 中日新聞
鶴来信金など3社事業承継で協定
取引先に助言へ
鶴来信用金庫(石川県白山市)は、取引先の事業承継問題の解決に向け、税理士らでつくる「はくさんパートナーズ」(同市)、企業の合併・買収(M&A)仲介や事業再生を手掛ける「シナジーコンサルティング」(金沢市)と結んだ。
M&Aや事業譲渡、資本・業務提携などのニーズに応え、中小企業の育成や地域経済の発展につなげるのが狙い。後継者がいないなどの理由から事業の継続が困難な取引先を対象に、はくさん社は財務かや相続面から助言し、シナジー社はM&Aなどの実務で支援する。
締結式が鶴来信金本店であり、中西啓一理事長とはくさん社の吉谷哲郎社長、シナジー社の河上伸之輔代表取締役が調印した。
鶴来信金は2012年に信金キャピタル(東京)、日本M&Aセンター(同)とM&A仲介で提携。今回の協定でよりきめ細かく対応する。
鶴来信金の大谷俊久侑士管理部長は「(解決手法として)より使い勝手が良くなる。個人商店を含め、うまく救えるようになれば」と話している。

手数料が安い理由

手数料が安い理由のイメージ

なぜ手数料が安いのか?

確かな実績

確かな実績のイメージ

実績

売買の流れ

売買の流れのイメージ

流れについて

お役立ちコンテンツ

石川県のM&A会社が明かす本当のM&Aの価値とは?

M&Aを行う目的は様々ですが、今回はM&Aを行う上での本当の価値について触れたいと思います。 今までM&Aの情報発信をしてきていまさら?となるかもしれませんが、核心部分に触れて行きたいので、重複す …

石川県のM&A会社が語る事業承継が進まない理由

地方の中小企業では後継者不在による廃業が加速しているが、関西でも後継者不在による廃業が加速している。   讀賣新聞 11月4日(土) 『後継者不足で関西の中小廃業加速、4兆円消失へ』 後継者不足から中小企業の廃 …

楽天が格安スマホの「フリーテル」を債務超過の状態で買収

    買収の概要 9月26日、楽天㈱は「フリーテル」ブランドで急成長していたプラスワン・マーケティング㈱の国内MVNO事業(仮想移動体通信事業)を買収すると発表した。急速に拡大する格安スマートフォン …

「街の電器屋さん」後継者難

全国の中小企業のうち多くの会社で経営者の高齢化及び後継者難に悩む企業が増えています。   至る所で後継者に悩む経営者 当社M&Aコンサルティングサービスもこうしたもったいない廃業をなくしたい、つまり黒字経営を続 …

事業承継支援 信用金庫・税理士法人と3社間協定締結

9月14日に、弊社シナジーコンサルティングは地域の事業承継支援を強化するべく、鶴来信用金庫とはくさんパートナーズと3社間での協定を結びました。この協定により後継者不足に悩む中小企業経営者の承継支援をより強化して参ります。 …

PAGETOP
Copyright © シナジーコンサルティング株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.